FC2ブログ
『安い、うまい・・・できたら腹いっぱい』重くてご免ね!
もちろんB級 & Old Time Billboard Hits 1975-1985(入り口=Category-My Favorite Song)
Counter

 ←現在の訪問者
動画Link切れがあったら教えて

食べログKOUJI

古いのヤッツケ
⇒食べログKOUJIはこちら

食べログ グルメブログランキング
Click Please! Thank You!

ALL


全記事表示
池袋や★8(80台)で、KOUJI検索


Tree Category

CM

















【四日市名物 なが餅 笹井屋】四日市 ★79 2017/12
元祖 餅、好みは、永 舗>笹 屋>金 軒。

四日市市北町5-13
四日市名物 なが餅 笹井屋HP


2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋29
Barr.jpg
なが餅11本入、税込1080円。

2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋04
桑名の安永餅(永餅屋老舗)は大好物だけど、焼いた細長あんころ餅じゃ、四日市の方が歴史があるんだって。ってことで、先月、JR四日市駅近くの太白永餅(金城軒)は食べたんだけど、最古店の笹井屋は外せないよね。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋012017_12_21四日市:なが餅 笹井屋02
駅から離れてるから躊躇してたんだけど、この日は早めに仕事も片付いて、足を延ばすチャンス。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋03
でも歩いてみると1km程度、15分もかかんないだね。近鉄四日市からアーケード商店街を抜けて東海道を北進。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋052017_12_21四日市:なが餅 笹井屋06
三滝川に出る手前の路地を1本入ったとこ。背丈までがなまこ壁になってて白い蔵を丸々使った設えの店舗。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋07
車道面のサッシから入ると、基本、来客はあんまり想定してないみたいね。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋08
一応、右手奥に待機スペースもあるけど、大きい紙袋に収まった大量注文品が何袋も鎮座ましましてる。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋112017_12_21四日市:なが餅 笹井屋07n
飾りっ気ないショーケースに並ぶのも箱のまんま(空ケース?)のなが餅。11本入、税込1080円・17本入、税込1620円~。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋09
なが餅は家族全員大好物だし、買い易い千円物にして、バラで即食いと思ったらバラ売りなし!折角だから三滝川に出て即食いしようと思ってたんだけど残念!ちなみに最小単位は、竹皮デザインの包みで、7本入の税込648円。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋132017_12_21四日市:なが餅 笹井屋12
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋18
後で計算してみたら、11本入@98.2円、17本入@95.3円、7本入@92.6円。この手の店だとありがちだけど箱代分単純加算で千円ものが一番割高。4人家族で7本だと少ないからって11本入にしたんだけど、味気ない箱より竹皮デザインの7本入を2包みで買うすべきだったかと後で反省。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋15
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋14
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋17
で帰宅して開封。真空パックになってて、5つの溝に横入れで2袋づつ。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋202017_12_21四日市:なが餅 笹井屋19
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋21
サイドの隙間にオマケみたいにして縦置き1本。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋25
賞味期限はパックのままで3日間。開封したら速やかに食べる様にだって。で早々実食。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋23
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋24
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋22
金城軒の太白永餅同様、オバアチャンの手の甲みたいなザラっとした焼きもちの触感。優しい感じの永餅屋老舗の安永餅より、焼いた餅を食ってる感は強め。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋26
それに金城軒永餅屋老舗は明らかに焼きめの裏表が分るけど、笹井屋の餅は、両面が綺麗な焼きめで、丁寧に焼かれてるのが一目瞭然。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋27
粒餡も金城軒より甘さ控えめ、くどくなくて美味しい。けど永餅屋老舗よりは餡子の主張が強め。って言うか永餅屋老舗の方が円やか?好みは永餅屋かな。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋28
過去画像を見直してみたら、値段がちょっとだけ高い分、大きさも餡子の量も、永餅屋老舗の方が大きくて多いみたい。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋29
形も笹井屋の方が横に平べったくって(厚みもある?)、餅を食べてるって感じは、笹井屋が、一番あると思う。永餅屋老舗の安永餅より、より素朴で原型に近い感じ?なが餅はどれも美味しいけどね。78点、食感+2で80点(安永餅に加点)。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋30
いよいよ永餅で食べてないのは、桑名の柏屋安永餅だけ。店舗の永餅屋老舗にも行ってみたいし、桑名詣は確定。ちなみに名駅の売店でも、各社のなが餅が売られてるとか(KIOSK=笹井屋/新幹線ホーム=安永餅)。今度探してみよっ。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋31
なが餅HP:伊勢参宮街道は餅街道とも呼ばれ、なが餅はその名物餅の1つ。小豆餡を白い搗き餅でくるんで、丸いとかさばって潰れてしまうので旅人が携帯し易い様に平たく長くのばし、日持ちさせる様に両面を香ばしく焼き上げた餅菓子。餡は北海道小豆、餅は国産もち米使用。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋33
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋34
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋35
創業は天文19年(1550年)で、初代彦兵衛氏が勢州日永の里に因んで創り、三十六万石の太守、藤堂高虎足軽の頃、永餅の美味しさに感動し、武運のながき餅を食うは幸先よしと大いに喜んだとか。名称も日永(ひなが)の餅、長餅、笹餅と称す。
2017_12_21四日市:なが餅 笹井屋32
同形態餅は三重県内の旧東海道と旧伊勢街道沿いに広く分布し、桑名市には寛永11年創業の安永餅(永餅屋老舗)、四日市市には慶応4年創業太白永餅(金城軒)があり名物になっている。笹井屋は天文19年(1550年)創業で現存する店では最古。

食べログ笹井屋
【四日市名物 なが餅 笹井屋】四日市 ★79 2017/12
【四日市名産 太白永餅 金城軒】四日市 ★77 2017/11
【永餅屋老舗 安永餅 / 長島温泉ゲートショップ】桑名 ★80【閉店】
【永餅屋老舗 安永餅 / 湾岸長島PA上り売店】桑名 ★80 2017/4
【永餅屋老舗 安永餅 / 湾岸長島PA上り売店】桑名 ★80 2016/12

食べログ グルメブログランキング
Please!

& Please!

Thank You!
スポンサーサイト

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouji328.blog59.fc2.com/tb.php/3695-62dc23ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP