FC2ブログ
『安い、うまい・・・できたら腹いっぱい』重くてご免ね!
もちろんB級 & Old Time Billboard Hits 1975-1985(入り口=Category-My Favorite Song)
Counter

 ←現在の訪問者


⇒食べログKOUJIはこちら
食べログ グルメブログランキング
Click Please! Thank You!

ALL


全記事表示

Tree Category

CM

















【川魚なべ料理 稲金本店】海津 ★45
丼…こりゃダメだ、まるで骨っぽい味醂干し。

海津市平田町三郷1790
川魚なべ料理 稲金本店HP


2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金37
Barr.jpg
なまず丼(通常1800⇒1200円)。

2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金012017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金06
おちょぼさんって聞いて、まず俺が思い描くのは、ナマズの蒲焼。ん10年前、大阪に赴任してた時、上司に連れられて来て、行った店は全く記憶にないけど2階座敷で、数人でつっついたでっかいの蒲焼がメッチャ美味しかったのを憶えてる。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金02
以来、は美味って事ある毎に口にしてるんだけど、最後に食べた鹿島神宮も、ん10年前。当然、今回の目当ての1つはなんだけど、に抵抗がある女房と2人だから、已む無く大きい蒲焼じゃなくて、お手頃なランチに決めて、どこで食べるか。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金03
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金082017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金09
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金07
お店が開くまで余裕ある時間に着いちゃったし、参道散策がてら川魚店をチェック。でもなんてそう高いもんじゃなかったと思うけど、どの店も1人定食でも軒並み2000円オーバー。高騰した鰻に併せた便乗値上げじゃない?って勘ぐっちゃいそう。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金04
結局、おちょぼさん参道を一巡して、稲金の20食限定、なまず丼(通常1800⇒1200円)が、一番お得だったのでこれに決め。東口大鳥居側で玉家の斜向い。2階の窓前に奇抜なザリガニと鯰の立体看板が目印。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金11
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金10
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金12
店頭のお土産販売、鯉味噌・鮒味噌・もろこ・川えび。ちなみに昭和7年創業の老舗。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金16
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金13
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金14
床を掘り下げた格好の室内池が生簀になってて、のぞくと割と小ぶりな鯰たち。まず会計レジで「2人でなまず丼1つでもいいですか」?どうぞぉってことで11:00入店。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金192017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金15
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金17
右手に最近、改装したっぽいテーブルスペース。その先、左に団体用?大広間の座敷。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金20
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金22
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金21
右が掘りごたつ式の座敷でほとんどの客がテーブルかこちら利用。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金23
ちなみに突き当りから外に出ると石庭があって別館の鯰館がその先にあるんだけど、
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金242017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金25
特に案内もないまま、俺たちは掘りごたつ座敷でメニューを広げる。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金27
なまず丼以外の鯰料理は、唐揚げ840円・なまず定食1300~2000円・蒲焼は大中小で時価。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金26
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金28
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金29
ちなみに丼最安値は、きつねうどん/ざるそば(夏)/カレーライスで540円。定食最安値は、唐揚げか茶碗蒸し定食で1080円。客単価は2000円前後って感じかな?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金302017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金32
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金31
で、なまず丼の注文を通して、いい感じに日が差してくる座敷で、ほっこり待つこと10分。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金35
お膳出しで、蓋付きの陶磁器丼に、2人で丼1つだから?シャモジと取り分け用の茶碗も。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金332017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金34
麩の浮いたお吸い物と、白菜のお新香と鯉味噌の一緒盛り小皿。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金37
ん、期待しちゃうね。んじゃ丼の蓋を取っちゃおう…と
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金36
白飯の上にちょこんと切り身が1切れ。うぅぅむぅ。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金38
切り身自体は見様によってはブリっとして脂ものってそうだけど、
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金392017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金40
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金41
パっと見だけでも、あばらの様にしっかり存在してる中骨が分かるし、そもそもこれは蒲焼なのかな?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金432017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金44
まぁ何にしても、普段の1800円でこれが出て来たら、ガッカリ感は半端ないかも?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金47
鰻丼で1800円だったらまぁこんなもんかって思うかも知れないけど、鯰って鰻並みに高級ってこと?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金452017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金46
しかも実際食べると口に残る縁側の小骨を吐き出さなきゃなんないし、太い背骨もそのまんま。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金48
身も少ないし、そもそもこれは、蒲焼じゃなくって味醂干し?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金492017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金50
美味しかったナマズの記憶がズタズタ。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金51
女房も鯰は二度と食わないだと。でも鯰ってこんなに小骨だらけだったっけ?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金522017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金53
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金54
改めてメニュー写真を見ると、姿焼きみたいだから、骨の始末なんてしてないのかも。でも鯰って骨抜きしないのが基本だっけ?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金56
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金55
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金57
いゃかすかな記憶じゃそんなことなかったし、鰻よりやや淡白だけど、蒲焼のタレ味の白身で不味いはずがないんだけどなぁ…。小さめの鯰だからか?ちゃんと成長した2000円以上の蒲焼で食べるべきだったのかも?
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金58
次は骨があるか確認してから蒲焼にしてみよ。でもそうなら軽く2000円オーバーだし、女房の高くなったハードルは越えられるか…。ちなみに味噌って言うより大豆の存在感がメインの鯉味噌も、好みとしては…微妙。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金60
ぅぅむ、鯰は美味しいんだよって、これでもう言えなくなっちゃった…45点。
2017_11_05千代保稲荷神社(おちょぼさん):川魚なべ料理 稲金59
ちなみに稲金を利用するんなら、うな丼1500円・ひつまぶし2400円・とり寿き焼き1050円辺りはお得だから、この辺チョイスだったら満足度も高かったんじゃないかな?きっと。

食べログ稲金

食べログ グルメブログランキング
Please!

& Please!

Thank You!
スポンサーサイト



テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouji328.blog59.fc2.com/tb.php/3682-2bfeeeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP