『安い、うまい・・・できたら腹いっぱい』重くてご免ね!
もちろんB級 & Old Time Billboard Hits 1975-1985(入り口=Category-My Favorite Song)
Counter

 ←現在の訪問者
動画Link切れがあったら教えて

食べログKOUJI

古いのヤッツケ
⇒食べログKOUJIはこちら

食べログ グルメブログランキング
Click Please! Thank You!

ALL


全記事表示
池袋や★8(80台)で、KOUJI検索

Tree Category

CM


【ねぎ焼発祥の店 ねぎ焼やまもと / 本店】十三 ★80
の有名店、さすが支店が何軒も出来る訳だ。

大阪市淀川区十三本町1-8-4
ねぎ焼発祥の店 ねぎ焼やまもと / 本店 「HP


2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (29)
Barr.jpg
豚・牛ハーフ/ねぎ焼き980円。

2013_03_13 1812013_03_13 180
以前、十三のビジネスホテルに泊まった時にチャンスはあったんだけど、
2013_03_13 186
そん時は、新大阪店出店応援で臨時休業になってて、
2013_03_13 1882013_03_13 189
結局、食べられなかったねぎ焼やまもと
2013_03_13 187
梅田エスト店にも何度か行こうか迷ったんだけど、ランチに千円かけるのも気が引けて、いつもパスしてたんだよね。それにどうせなら本店でって頭もあったし。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (2)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (3)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (1)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (7)
この日、12時半過ぎ・中津の仕事も片付いて物件の下見で十三。船場カリーでも食うかって上長に「どうせなら十三で食べませんか」?じゃぁそうしようってことで、各駅停車がなかなか来ない阪急中津から十三。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (5)
久しぶりの阪急十三西口。特にどこって決めずにランチ探し。みたらしの喜州総本舗を右手にトミータウンのアーケードを抜けて、十三交差点を向いに渡る。あら、東京チカラめし、とんかつ「よつ葉」って店になってる。(焼き牛丼、結局、一度も食べてないなぁ。無くなる前にどっかで食べよ)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (4)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (8)
で目途があるかの様に栄町商店街を入る上長。福島上等カレーか。ここも有名みたいですけど本店が梅田の近くですよね。あっ向いのここ、ねぎ焼の有名店ですよ。3匹の白ネギが踊るイラストの「やまもと」。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと (6)
店頭メニューを確認してた上長、どうせ今回もパスだろうって思ってたら、「面白そうだな、ここにするか」と暖簾くぐっちゃう。うぅむ、想定外。けど1人食いだと踏ん切りがつかなかった店だし、第2・4水曜が定休で、この日は第1水曜。巡り合わせってのはこんなもんか。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (12)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (11)
そんなに老舗って訳じゃないか。昭和40年創業、ねぎ焼発祥の店「やまもと」。十三に2店、梅田・福島・新大阪にも支店がある人気店。店内に入って正面、割と若い女性がそう大きくない2m程の鉄板前に立って焼き専念。でその中央鉄板を囲む格好のカウンター席のみ、20席ってとこだね。

全席、鉄板になってて、中央鉄板で焼き上げたのを熱々で食うってわけね。平日13:50、客は7・8人。両奥から詰めて座らされてるのかと思ったら、特段、席指定なし。客が自発的に詰めて座ってる?いゃ少し前まで混んでたのか。「お荷物はこちらにどうぞ」、目の前に、お冷・割箸・コテ・取り皿。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (11A
それからメニュー表。ここの定番は、「すじねぎ」だけど、1190円もするんだよね。千円以下は、980円のいかねぎ・牛肉ねぎ・豚肉ねぎのみ。上長、「じゃ豚肉ねぎで」。ふぅむ、じゃ「こっちは牛肉ねぎで」。「よし、それなら半分ずつにしようぜ」、「はい(こちらこそ望むところ)」。注文を通すお姉ちゃん、「豚1つ肉1つ」。大阪だねぇ、牛って言わないんだ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (10)
目の前になる中央鉄板で同時並行で何個か焼き上げてるんだけど、生地を広げて魚粉をふって白ネギ少々、その上にこれでもかってくらい大量の青ネギ。なるほど、ねぎ焼って名前に偽り無し。んで指定の具材が一番上にのって、生地をかけて天かす投入。 

たまにコテで軽く押さえつつ、何度かひっくり返すして、焼き具合を確認。蒸しの要素もあるんだろう、その間、案外、放置時間あり。で10分ちょっと、アンチャンが完成したねぎ焼きを、俺たちの目の前に提供。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (14)
刷毛で醤油を塗られて完成?と思ったら、「待ってくださいね」と最後にレモン絞りかけ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (15)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (13)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (17)
上長、「半分ずつにしてもらえます」?でアンチャン、コテで切り分けて、半月状態2つをくっつけて、豚・牛のハーフねぎ焼きの出来上がり。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (18)
上長、「ビールが飲みたいとこだなぁ」と隣のオヤジの生ジョッキに羨望の眼差し。でも思ってたよりそこそこの量はあるんだね。そう言えば卓上に調味料は一切ない。味はこれで固定ってことね。(頼めば醤油ダレは追加塗りOKだったらしい)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (20)
じゃぁまずはコテで切り分けて一口っと。へぇ~このお好み焼き、かなり独特。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (19)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (23)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (25)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (34)
豚肉はまるで圧縮えびせんべいって感じで、外生地に後乗せの肉はカリッカリ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (24)
中は、南風のどろ焼きっぽい、滑らかでダシの風味も感じる優しい生地食感。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (27)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (26)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (21)
ソースじゃないから一口目はインパクトねぇなぁって印象だけど、主役はキャベツじゃなくってネギ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (22)
外側の焦げたネギと中のシャクっとした青ネギ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (30)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (28)
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (23)
なるほど、このネギが活きるのは、さっぱり仕上がる香ばしい醤油でソース味じゃない訳だ。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (29)
それに客前の鉄板が熱々ってのもあってか、食い進むと、外生地に塗られた醤油の香ばしさが更に増して、物足りなさなんて無くなっちゃう。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (32)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (31)
ホスピタリティも上々。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (33)
途中でお冷の継ぎ足し声かけに、食い終わり直前に、楊枝とティッシュBOXをそっと提供。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (34)
ちなみに豚肉と牛肉は、全く違う仕上がりになってて、旨味脂が多い豚の方がカリとろ感も強く出てて、よりお好み焼きっぽいかな?でも肉感が強いから牛も牛で捨てがたいから甲乙つけ難い。定番のすじネギじゃないけど、千円未満だし、ハーフで食えてラッキーだった。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (35)2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (37)
うん、お好み焼きで千円ってのは抵抗があったけど、支店が何軒も出来る訳だ。この値段の価値は充分納得。焼き上げを眺めてるのだけでも楽しいし、食べたことがない人がいたら、お奨めしたくなっちゃうわ。個性的な味と接客教育で82点、とは言え、セルフでリピートって考えるとコスパ-2、80点。
2015_07_01十三:ねぎ焼やまもと- (36)

食べログねぎ焼やまもと

食べログ グルメブログランキング
Please!

& Please!

Thank You!

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

Back!!
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kouji328.blog59.fc2.com/tb.php/3240-5cf6e4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP